相続の専門家の得意分野

 相続の専門家としては、弁護士、司法書士、行政書士等が考えられます。これらの者は国家資格を持つ法律の専門家ですから、相続について十分な知識をもっていると言えるでしょう。

 ただし、これらの専門家の行う業務の範囲は広く、全ての専門家が相続業務を得意としているわけではありません。ですから、相談をするまえに、その専門家の得意分野を確認したほうがよいでしょう。

弁護士の相続業務
 相続人同士が遺産分割についてもめている場合や、遺言の内容に疑いがあるような場合に、その相続人を代理して他の者との交渉や裁判手続きを行います。

司法書士の相続業務
 相続財産のうち、土地や建物等の不動産を被相続人の名義から相続人の名義へ変更する相続登記手続きを行います。相続登記手続きの一環として、相続人を確定するための戸籍謄本等の取得から、不動産についての遺産分割協議書を作成します。

行政書士の相続業務
 相続人を確定するための戸籍謄本等の取得や、金融機関への名寄、預金残高証明書の取得等の相続財産の調査を行い、全ての相続財産に関する遺産分割協議書を作成します。さらに、不動産以外の相続財産の名義変更手続きを行います

社会保険労務士の相続業務
 被相続人の加入していた年金の書類や加入期間を調査して、遺族年金の請求手続きを行います。

税理士の相続業務
 相続税についての相談や節税対策等を行います。

«
»
 

トラックバックURL