残された家族のための相続のときの遺族基礎年金とは?

遺族は遺族厚生年金を受け取ることができます。
遺族基礎年金は子のある妻か子が受給する権利を有する年金のことをいいます。所得の要件があり、死亡時妻や子の収入が850万円以上の場合は請求できません。

妻が受ける場合はこの遺族基礎年金が停止し、
この加算が妻の遺族基礎年金に加算されます。
子が受ける場合はこの人数によって加算がありますが、
子が誰かに扶養されている時には停止する場合があります。

子(末子)が18歳到達年度末(障害等級に該当する子の20歳の誕生日)を
過ぎれば遺族基礎年金は失権します。

遺族厚生年金は死亡者の老齢厚生年金の3/4の金額、
受給者が妻の場合、死亡した夫の厚生年金加入月数によっては
中高生加算や経過的寡婦加算がつきます。
子の場合は18歳到達年度末(障害等級に該当する子の20歳の誕生日)を
過ぎれば遺族厚生年金は失権します。
子以外の場合は失権事由(再婚や養子縁組など)がない限りは
生涯権利を有するものとされます。

遺族基礎年金は18歳未満の子供が対象です。

遺族厚生年金は配偶者が第1順位です。

遺族厚生年金=老齢厚生年金(報酬比例部分)の3/4

「国民年金、厚生年金保険、専任保険遺族給付裁定請求書」
によって、手続きを行います。
手続き先は死亡した人が最後に加入していたものが
厚生年金か国民年金かによって異なります。

支給の要件、遺族の要件に従って定めがあり、その
要件に該当しなければ支給を受け取ることができません。

遺族年金のうち、「遺族基礎年金」(国民年金部分)は、
「子のある妻」または「子」が受給対象です。

子とは18歳到達後、最初の年度末までの子をいいます。
「遺族厚生年金」は、「妻」や「子」などが受給対象です。
子が無い妻も受給可能。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む