相続のための遺言状の有無を確認しておきましょう

トラブル防止のために遺言書の有無を生前に確認しておきましょう。被相続人には財産処分の自由があり、遺言で誰にどの財産をあげようと自由です。しかし100%それを認めてしまうと、被相続人の財産に依存しなければならない家族がいた場合、たちまち困窮してしまいます
こういった家族の期待を保護するため、法定相続人
(配偶者・子・直系尊属のみ)に最低限の取り分を
決めています。それを遺留分といい、受遺者に
対し財産取り戻しの請求をすることを遺留分減殺請求と
いいます。
遺留分減殺請求は内容証明郵便で請求書を送付するか、
家裁に申立てを行うのが通常です。

遺留分権利者及びその承継人は,遺留分を保全するに
必要な限度で,遺贈や一定の贈与の減殺を請求することが
できる。(民1031)。この遺留分減殺請求権は,
現実に受けた相続財産が遺留分に不足しているときに
始めて成立する。即ち,遺留分権は,相続が開始し,
遺留分算定の基礎となる財産が確定した後に具体的に
発生する権利であって、相続開始前の時点で予め遺留分
減殺請求権を行使することはできない。

遺留分の割合 直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の1/3
その他の場合 被相続人の財産の1/2

遺留分の請求:遺留分減殺

1) 申立書(6の書式及び記載例をご利用ください。)

(2) 標準的な申立添付書類

※ 同じ書類は1通で足ります。

※ 戸籍等の謄本は,戸籍等の全部事項証明書という名称で呼ばれる場合があります。

※ もし,申立前に入手が不可能な戸籍等がある場合は,その戸籍等は申立後に追加提出することでも差し支えありません。

確実に不動産の名義変更の登記をする方法
添付書類をきちんと集めてそれを登記申請書にセットしましょう。
www.souzoku-shien.net/registration/documents.html

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む