タグ: 申立

相続のための遺言状の有無を確認しておきましょう

遺留分権利者及びその承継人は,遺留分を保全するに必要な限度で,遺贈や一定の贈与の減殺を請求することが できる

トラブル防止のために遺言書の有無を生前に確認しておきましょう。被相続人には財産処分の自由があり、遺言で誰にどの財産をあげようと自由です。しかし100%それを認めてしまうと、被相続人の財産に依存しなければならない家族がいた場合、たちまち困窮してしまいます
こういった家族の期待を保護するため、法定相続人
(配偶者・子・直系尊属のみ)に最低限の取り分を
決めています。それを遺留分といい、受遺者に
対し財産取り戻しの請求をすることを遺留分減殺請求と
いいます。
“相続のための遺言状の有無を確認しておきましょう”の詳細は »