タグ: 場合

相続における請求方法と放棄

請求する財産の遺留分請求の順序は決まっており、遺留分の減殺 生前の贈与 といった順番に計算していきます。

請求したい権利は各自で意思表示を必要としますから
配達証明付き内容証明郵便で通常の場合は
請求を起こします。その場合請求は遺留分を
侵害した相続人や受遺者(一人でも全員でも)に対して
行います。

もし交渉が困難になった場合は家庭裁判所に
申し立てを行うことができますので
調停や訴訟を通じて請求することが可能です。
“相続における請求方法と放棄”の詳細は »