タグ: 兄弟姉妹

遺言による指定相続でも遺留分は侵害されません

民法に定められている相続人の取り分の割合のことです。実際にだれが相続人になるかによって法定相続分が変化します。 組合せにより、法定相続分もいろいろと定められているのです。

被相続人が相続人ごとに相続分を自由に決めて、遺言書で指定する相続割合を指定相続分といいます。
具体的な割合を示さずに、特定の人を指名して、その人に相続分の決定を一任することもできます。
“遺言による指定相続でも遺留分は侵害されません”の詳細は »