横浜の駅からすぐの司法書士が公開している債務整理のこと

相続のお手続きには必ず実印が必要です。遺産分割協議書に捺印する、銀行の解約書類に捺印するなどよく登場するのが実印です。印鑑登録はお済みでしょうか?役所で簡単に登録できます。登録の際には、顔写真付の身分証が必要になります。相続が発生してからではなく、気がついたときに事前登録されることをお勧めします。

ところで、遺留分のことを必ず、内容証明で、遺留分減殺請求をすること。
遺留分減殺請求は、配達証明付き内容証明ですることをお勧めします。
遺留分を主張するようになるということは、もうすでに親族間の争いの状態といえます。
内容証明でキチンと証拠にしておかなければ、後に、遺留分減殺請求をしたのかどうかで争うことになりかねません。
遺留分減殺請求をして、相手が返還してくれればいいですが、交渉しても話しがまとまらないのであれば家庭裁判所で調停、審判ということなります。

兄弟姉妹には、遺留分はないです。

遺留分は、子供、配偶者、親にはありますが、兄弟にはありません。
複数の相続人がいる場合には、法定相続分で割って計算します。
遺留分は、法定相続分の半分になります。

まずは相談!債務整理は専門家がアドバイスします
最近は横浜で債務整理を扱う人が増えてきた。にわかで実力がない人も目立つ。依頼するのなら本物を見極めないといかんね。
www.amis-y.com/