必要だから相続のときの遺産分割方法をよく覚えよう

各相続人の相続分が決定すると遺産の分割に入ります。

法定相続分では、夫が亡くなったとき
たとえば妻と子供二人の場合は、相続分を、それぞれ妻50%、子25%、子25%と
定めています。(子供が居ない場合は妻が全額相続します)

遺産が現金や預金といったような金銭関係であれば、
相続分にきちんと分けることは簡単なのですが
相続財産は、数えられるものだけでなく土地・建物・マンションなどの不動産、
株式、車両などの動産等様々なものが多く存在します。
特に不動産や株、動産などは、それを評価し相続時の金額(時価)に換算する必要がありますし、
これら様々な遺産を、相続分通りに正確に分けることは非常に困難です。

評価が必要なものは日々の情勢で変化しています。
細かいことにこだわらず、多少のメリハリをつけて相続人全員が
大体の遺産をスムーズに分割することを銘じておく必要があります。
だからといって評価をいい加減にすることはできません。

相続税を計算するときに内容がことなってくるからです。
そこで煩雑な場合は専門家に任せる場合が多いのです。

遺産の一部を分割するのが一部分割とよばれ、
遺産全てを一度に分割することを全部分割とよびます。

見たとおりに一部分割のほうが煩雑になりますから
カンタンな全部分割に済ませたいのですが上手く分けられない場合も出てきます。

遺産分割の具体的方法には、現物分割、換価分割、代償分割があります。

現物分割・・・・・遺産をそのままの形で分割する方法。

自宅はxxに、定期預金はxxに、土地はxxに、という具合に分割するような場合です。

一番簡単なシンプルな分割方法です。

換価分割(価額分割)・・・・・遺産を売却し現金で分ける方法です。

現物分割が無理な、たとえば不動産を誰も欲しがらない場合利用します。
換価代金(売却代金)には、譲渡所得税がかかりますので覚えておきましょう。

協議書の前に遺産相続のあれこれをよく知る
分割には3種類あって、どの方法をとるかによって、相続の手続きの負担に違いが出ます。
www.souzoku-shien.net/legacy/division

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む