カテゴリー: 実印がないと登記用の遺産分割協議書ができません

権利として認められているのが相続人の遺留分を減殺する請求だ

相続で遺留分は、子供、配偶者、親にはありますが、兄弟にはありません。

遺留分とは

最低限度の相続財産を遺族に保証しています。これが遺留分です。
遺留分は、当然に貰えるものではなく、遺留分減殺請求をしないといけません
民法が相続人に保証している一定割合の財産を遺留分といいます。
“権利として認められているのが相続人の遺留分を減殺する請求だ”の詳細は »

必要だから相続のときの遺産分割方法をよく覚えよう

情勢で変化しています。細かいことにこだわらず、多少のメリハリをつけて相続人全員が大体の遺産をスムーズに分割することを銘じておく必要があります

各相続人の相続分が決定すると遺産の分割に入ります。

法定相続分では、夫が亡くなったとき
たとえば妻と子供二人の場合は、相続分を、それぞれ妻50%、子25%、子25%と
定めています。(子供が居ない場合は妻が全額相続します)
“必要だから相続のときの遺産分割方法をよく覚えよう”の詳細は »

最初に相続した遺産の調査を正しく済ます

相続遺産はどのように調査すればいい?民法の規定をよくわかった上で、遺産のことを話し合うため調べていこう。

相続になったときには果たして遺産は
どれくらいなのかを把握していないことは多いと思います。

あらかじめ被相続人に知らされていない場合も多いと思いますし
どのように遺産を調査すればいいのでしょうか?
“最初に相続した遺産の調査を正しく済ます”の詳細は »