外国人と婚姻した場合の戸籍と相続

外国人と婚姻しても、外国人配偶者は日本国籍を得ません。しかし、相続については、被相続人の本国法によるとされています。 そのため、被相続人が日本人の場合、その配偶者である外国人は民法規定に従った相続権を有します。

近年、国際結婚も当たり前になってきました。配偶者が外国人という
方も多くなっています。
“外国人と婚姻した場合の戸籍と相続”の詳細は »

遺言による指定相続でも遺留分は侵害されません

民法に定められている相続人の取り分の割合のことです。実際にだれが相続人になるかによって法定相続分が変化します。 組合せにより、法定相続分もいろいろと定められているのです。

被相続人が相続人ごとに相続分を自由に決めて、遺言書で指定する相続割合を指定相続分といいます。
具体的な割合を示さずに、特定の人を指名して、その人に相続分の決定を一任することもできます。
“遺言による指定相続でも遺留分は侵害されません”の詳細は »

相続の専門家の得意分野

相続の専門家としては、弁護士等がいます。弁護士等の者はもちろん国家資格を持つ法律の専門家なので、相続について知識をもっていると言えるでしょう。

 相続の専門家としては、弁護士、司法書士、行政書士等が考えられます。これらの者は国家資格を持つ法律の専門家ですから、相続について十分な知識をもっていると言えるでしょう。
“相続の専門家の得意分野”の詳細は »

残された家族のための相続のときの遺族基礎年金とは?

相続で発生する遺族基礎年金は子のある妻か子が受給する権利を有する年金

遺族は遺族厚生年金を受け取ることができます。
遺族基礎年金は子のある妻か子が受給する権利を有する年金のことをいいます。所得の要件があり、死亡時妻や子の収入が850万円以上の場合は請求できません。
“残された家族のための相続のときの遺族基礎年金とは?”の詳細は »

違いは以外にあるのが、相続と遺贈と贈与の関係です

遺贈とは、遺言により財産の全部または一部を無償で譲与することをいいます。その相違を理解しましょう

遺贈・・・・・・遺贈とは、遺言により財産の
全部または一部を無償で譲与することをいいます。

遺言者は包括または特定の名義でその財産の全部または一部を処分することができる(964条本文)。

遺留分に関する規定に違反することは
できないとされています。
あげるほうの一方的な遺言で足りるのです。
15歳以上に達すれば遺贈することができます。
“違いは以外にあるのが、相続と遺贈と贈与の関係です”の詳細は »

権利として認められているのが相続人の遺留分を減殺する請求だ

相続で遺留分は、子供、配偶者、親にはありますが、兄弟にはありません。

遺留分とは

最低限度の相続財産を遺族に保証しています。これが遺留分です。
遺留分は、当然に貰えるものではなく、遺留分減殺請求をしないといけません
民法が相続人に保証している一定割合の財産を遺留分といいます。
“権利として認められているのが相続人の遺留分を減殺する請求だ”の詳細は »

相続のための遺言状の有無を確認しておきましょう

遺留分権利者及びその承継人は,遺留分を保全するに必要な限度で,遺贈や一定の贈与の減殺を請求することが できる

トラブル防止のために遺言書の有無を生前に確認しておきましょう。被相続人には財産処分の自由があり、遺言で誰にどの財産をあげようと自由です。しかし100%それを認めてしまうと、被相続人の財産に依存しなければならない家族がいた場合、たちまち困窮してしまいます
こういった家族の期待を保護するため、法定相続人
(配偶者・子・直系尊属のみ)に最低限の取り分を
決めています。それを遺留分といい、受遺者に
対し財産取り戻しの請求をすることを遺留分減殺請求と
いいます。
“相続のための遺言状の有無を確認しておきましょう”の詳細は »

必要だから相続のときの遺産分割方法をよく覚えよう

情勢で変化しています。細かいことにこだわらず、多少のメリハリをつけて相続人全員が大体の遺産をスムーズに分割することを銘じておく必要があります

各相続人の相続分が決定すると遺産の分割に入ります。

法定相続分では、夫が亡くなったとき
たとえば妻と子供二人の場合は、相続分を、それぞれ妻50%、子25%、子25%と
定めています。(子供が居ない場合は妻が全額相続します)
“必要だから相続のときの遺産分割方法をよく覚えよう”の詳細は »

形見分けなどは相続財になるのだろうか

故人の遺品を形見分けとしてもらう場合は相続財産とみなされるのか?

故人の遺品を形見分けとしてもらったりする場合には
相続財産とみなされるのでしょうか?
“形見分けなどは相続財になるのだろうか”の詳細は »

相続で受け継いだものの判断は法律に基づいて手続きしよう

墳墓や祭ぐなどの遺産は祭祀財産といいます。

墳墓や祭ぐなどの遺産は祭祀財産と呼ばれます。
これらは財産的な意味あいがほぼありませんので
遺産分割の対象からは外されます。
“相続で受け継いだものの判断は法律に基づいて手続きしよう”の詳細は »

« 過去の記事